白髪サプリと効果を比較!|白髪染めを徹底調査!

白髪対策 白髪染め

白髪の改善方法は極論をいうと二択です。
原因となるメラノサイトの働きを正常に戻すために体調管理、頭皮環境のケア、食生活の改善など身体の機能を根本的に見直す方法が1つです。
この方法は根本的な解決につながる可能性がありますが、即効性がなく、地道な努力が必要です。
もう1つの方法はシンプルに染めてしまうことです。染める方法は即効性があり、すぐに効果を感じることができる反面、定期的に染める必要があり、コストもかかることが予想されます。ここでは白髪染めのメリットデメリットを徹底調査してみました。

白髪染めのメリット

白髪染めを使うこと得られる効果、つまりメリットはズバリ、簡単に白髪を改善することができるです。白髪を無くすことで、若く美しく見栄えが良くなることですね!
さらに白髪染めという方法であれば、短時間にかつ簡単に髪を染めることができるということがメリットと言えると思います。費用面に関しても、市販の白髪染めを使用すれば安く染めることができますので、コストが低いということもメリットです。

白髪染めのメリットまとめ

  • 短時間で白髪を改善できる
  • 簡単に白髪を改善できる
  • 低コストで白髪を改善できる

白髪染めのデメリット

逆に白髪染めを使うことで起こってしまう良くないこと、つまりデメリットをまとめると以下のことが考えられます

  • 髪や肌といった頭皮環境が悪くなる
  • アレルギーや痛みといったリスクがある
  • 継続して使用しないと効果がない

どのような事案においてもメリットとデメリットはあります。メリットがデメリットを上回れば人は行動をしますし、下回れは人は行動をしません。それは白髪に対しても同じです。白髪を改善するメリットが白髪染めのデメリットを上回れば行動しますし、下回れは行動しないか、もしくは他のデメリットが低い方法を探します。そしてそれぞれに対する効果の考え方は人それぞれです。ここでは白髪染めのデメリットについてもう少し深く考えてみます。

白髪染めで毛髪環境が悪くなる理由

一般的に白髪染めには1剤(酸化染料・アルカリ剤)と2剤(酸化剤)があります。
1剤と2剤を混ぜ合わせる際に化学反応が起こり、その化学反応を利用して白髪を染めるのが白髪染めの方法です。
具体的には、1剤に含まれているアルカリ剤が髪の成分であるキューティクルを分解します。キューティクルを分解することで細胞が開き、染料を浸透させやすくします。そして1剤と2剤を混ぜ合わせることで化学反応により酵素が発生します。酵素は染料を定着させてくれます。つまり、アルカリ剤でキューティクルを分解して、染料で髪を染めて、酸化剤で色素を定着させるというサイクルが、白髪染めの仕組みなのです。
この仕組みの中で、髪を傷つけてしまう過程があります。それはアルカリ剤がキューティクルを分解することです。本来キューティクルは髪の毛の水分が過剰に蒸発しないように保護するためのものです。しかし、キューティクルを分解しなければ、細胞が開かず、染料が浸透しないので髪が染まりません。そのためアルカリ剤を使用してキューティクルを分解するのですが、一度分解したキューティクルが元に戻りには時間がかかります。この間、キューティクルの本来の役割である水分の保護という機能は低下してしまうので、髪がパサパサとしてしまい、髪が痛んでしまったと感じる人が多いのです。

白髪染めで頭皮環境が悪くなる理由

白髪染めは化学反応を利用して髪を染めるものですので、当然科学染料も使用しています。一般的に白髪染めが頭皮に悪影響を与えると考えられている理由として、アレルギー性の刺激物が配合されているからです。
特に注意が必要なものがジアミン系の化合物で、パラフェニレンジアミンと呼ばれる物質です。パラフェニレンジアミンは大半の白髪染めには配合されている成分で、症状の出る方、出ない方に個人差はありますが、頭皮へのかゆみやただれが一般的な症状で、アレルギー反応が強い場合、のどの痛みや酷い場合は呼吸困難が起こる場合もあります。そのためパラフェニレンジアミンを配合した白髪染めを使用する場合は、パッチテストという簡易検査を事前に行ってから使用することをおすすめします。
このように白髪を染めるために、刺激性の強い物質を使用しているので、白髪染めを使うと頭皮に悪いというイメージがついてしまっていますが、最近ではパラフェニレンジアミンを使用していない白髪染めはもちろん、天然成分のみで作られた頭皮に優しい白髪染めも開発されています。

白髪染めは継続して使用しなければならない

白髪染めのもう一つの大きなデメリットは、継続して使用しなければならいらいという点です。
白髪染めは白髪は生えてくるのを根本的に解決するものではありません。そのため髪が伸びる期間や、染めた色が落ちてきたころにはまた染めなければなりません。
1回染めるだけなら時間も手間もコストもそこまで大変ではありませんが、これが毎月1回となると大変です。自宅で自分でするとコストは抑えることができますが、手間と時間が大変です。美容院で染めてもらうときれいに染まりますし、手間もかかりませんが費用が高くなります。
継続することの大変さ、これこそが白髪染めの最大のデメリットかもしれません。

白髪染めを調べたまとめ

これまで白髪染めのメリット、デメリットをお伝えしてきましたが、このメリット、デメリットの感じ方は人それぞれです。
白髪を染めることのメリットがデメリットを超えることがなければ白髪のままでいいでしょうし、白髪染め以外の改善方法を探すべきです。
しかし、白髪染めのデメリットは昔に比べて格段に下がっています。大きなデメリットである毛髪や頭皮環境の悪化については、メーカーの技術革新によって天然成分配合の製品や、頭皮に優しい成分の配合が主流になっていますし、染める時間や方法も格段に便利になっています。
またコスト面についてもメーカーの競争によって、いい製品が安く買える環境になっていますので継続することも容易になっています。
どのような方法であっても、白髪を改善することで、あなたがきれいで若々しくあることを目指してもらいたいと思っています。

\\今すぐ白髪サプリを使いたい方はブラックナチュレがおすすめ//
Black Nature