白髪対策には白髪サプリがおすすめ!

年齢と共に増えてくる白髪。白髪が増えてくるとどうしても外見上、老けて見えてしまうので、白髪は多くの女性が抱える悩みです。
当サイトでは、多くの女性が抱える白髪の対策のために、今もっとも効果があると言われている、おすすめの白髪サプリをランキング形式でご紹介します。
白髪サプリなんて、本当に効果があるの?と思う方も多いと思いますので、まずは白髪のメカニズムや原因について詳しくお伝えして、具体的な対策や白髪サプリをおすすめする理由についてもお伝えしていきます。
このサイトが、あなたの白髪対策の成功のお手伝いができることを心よりお祈り致します。

★【厳選】白髪サプリランキングはこちら★

白髪のメカニズムと原因について

白髪対策をする上で、もっとも大事なことは白髪のメカニズムや原因をきちんと理解した上で、最適な方法を考えることです。ここではまず白髪のメカニズムと原因についてお伝えします。

白髪のメカニズムについて

毛髪は毛根から生えてくることは、みなさんご存知だと思います。しかし、毛根から生えてくる毛髪が最初は黒くない事はご存知ですか?実は毛髪は最初は白(正確には透明)なのです。その白い髪の元に、頭皮にある色素細胞(メラノサイト)によって生成させたメラニン色素が供給されて、黒い髪が生えるのです。
白髪のメカニズム
<黒髪のメカニズム図の補足>
①色素幹細胞でメラノサイトが作られる。
②メラノサイトでメラニン色素が生成される。
③毛根にメラニン色素が供給されて黒い髪が生える。
この黒髪のメカニズムに対して、白髪のメカニズムは色素幹細胞が何らかの理由で減少して、メラノサイトの機能が低下し、メラニン色素が正常に生成されずに、毛根を黒くすることができないまま、毛髪が伸びることで、白髪が生えてしまうのです。
<白髪のメカニズム図の補足>
①色素幹細胞が減少して、メラノサイトの機能が低下。
②メラニン色素の供給ができず、黒くならずに白髪が生える。
つまり、白髪はメラノサイトの機能低下が根本的な原因で、それによりメラニン色素が正常に生成できず、毛根への供給量が減ることで、髪を黒くすることができないまま伸びることで、白髪が生えてしまうのです。

白髪の原因について

このように白髪のメカニズムを理解すると、メラノサイトの機能低下が白髪の根本的な原因と予想することができます。しかし、メラノサイトの機能低下の原因については、医学的にはまだ完全に解明はされていません。この原因を完全に解明することが白髪の根本的な解決につながると考えられています。
完全な解明はまだされていませんが、メラノサイトの機能低下については複数の原因が複合的に関係していると考えられています。つまり白髪の原因は複数あると考えられています。当サイトでは白髪対策のため以下の白髪の原因について詳しくお伝えしていきます。以下の6つが当サイトが考える白髪の原因です。

  1. 加齢
  2. 遺伝
  3. 病気
  4. ストレス
  5. 頭皮環境の悪化
  6. 生活習慣

加齢を原因とする白髪

人間は細胞がたくさん集まって成り立っています。そして産まれてから多くの細胞分裂を繰り返して成長しています。
しかし、人間の細胞は歳を重ねるごとに数が減り、少しづつ機能が低下していくことが近年の研究で解明されています。
それは毛髪を黒くする機能であるメラノサイトでも同様のことが言えます。若い時に比べて、加齢を原因として色素細胞の機能が低下することで、メラニン色素の生成が少なくなり、白髪が生えてしまします。
このように加齢も白髪の原因の1つであると考えられています。

遺伝を原因とする白髪

昔から白髪の人から、白髪の子が産まれやすい。白髪は遺伝する。と言われることがありますが、実は白髪と遺伝の関係はまだ明確にされていません。
しかし、これまでお伝えしてきたように、白髪の根本的な原因はメラノサイトという色素細胞の機能の低下です。メラノサイトは細胞である以上、遺伝子レベルで同様の症状が起こる可能性は高く、遺伝によって白髪の体質が引き継がれる可能性があるので、遺伝も白髪の原因の1つと考えられています。

病気を原因とする白髪

一般的に、慢性的な胃腸疾患や貧血症、円形脱毛症の方は白髪になる確率が高いと言われています。それらの病気の方は血流の悪化を理由とした頭皮への栄養不足、頭皮環境の悪化などのメラノサイトの機能低下の要因となる症状につながりが強いことが理由と考えられます。またクスリの副作用で白髪になる可能性考えられます。
このような理由から、病気や疾患も白髪の原因の1つと考えられています。

ストレスを原因とする白髪

ストレスは白髪に限らず、人間の心身に悪影響を与えると考えられています。以前は気持ちの問題と片付けられていたストレスも、少しづづではありますが医学的に原因が究明されてきています。
白髪におけるストレスの影響については、自律神経が大きく関係していると考えられています。ストレスは人間の心身の状態を健康に保つための自律神経を刺激して、脳を緊張状態にさせると考えられています。脳が緊張状態になると、血管が委縮して、血流が悪くなり、必要な栄養素が身体全体に運ばれにくくなると考えられています。
頭皮のメラノサイトに栄養素の補給が少なくなると当然、メラノサイトの機能は低下します。それはメラニン色素の生成が少なくなり、結果として白髪の原因になると考えられています。
そのほか、ストレスは身体的な問題だけでなく、精神的な問題の発生原因とも考えられていますので、精神的な理由から白髪の発生につながる可能性もあります。

頭皮環境の悪化を原因とする白髪

頭皮環境は毛髪が生えてくる、いわば畑です。その畑の環境が悪ければ、生えてくる毛髪も正常なものではない可能性が高いです。
例えば、毛髪が生えてくる毛穴が皮脂で詰まっていたり、フケが発生するなど頭皮が清潔な状態でなければ、雑菌が繁殖するなど頭皮環境は非常に悪いものになります。
頭皮環境が悪ければ、頭皮のバリア機能が低下して、紫外線によるダメージや、栄養不足の状態が続き、メラノサイトの機能低下によるメラニン色素の生成不足によって白髪の原因になると考えられます。

生活習慣を原因とする白髪

食生活や睡眠など生活習慣は白髪だけではなく、健康な体作りにおいて最も重要であると私は考えています。そして白髪対策においても、最も重要なことはこの生活習慣の改善であると考えています。生活習慣の中でも特に重要な睡眠と食事について以下にお伝えしていきます。

睡眠不足

睡眠も健康な身体のために非常に重要です。人間は睡眠中に身体を回復させる機能があるからです。
一般的に人間は、睡眠中は副交感神経が優位に働き、心身ともにリラックスできると考えられています。リラックス中は血流の流れも良くなり、身体全体に栄養素を送り込むことができるので、身体の機能回復が可能になります。
しかし、睡眠不足が続くと交感神経が優位に働き、身体は緊張を続けることになり、血流の流れが悪くなるので、身体全体に栄養素を送り込むことができなくなります。
当然、頭皮にも栄養素を送り込むことができず、メラニン色素の生成が減少することで白髪の原因の1つになると考えられています。

栄養不足

食事は身体の元となるものです。人間の生活に必要な栄養は、基本的には全て食事から摂取するからです。
決められた時間に、必要な栄養素を、必要な分だけ、バランスよく摂取すること。これらは健康な身体づくりにおいて非常に重要なことだと医学的にも認められています。
白髪の大きな原因も、細胞の機能低下や栄養不足です。偏った食事、不規則な食事は栄養不足という点からも白髪の大きな原因と考えられています。

このように白髪の原因には様々な要因が複数絡み合っていると考えられます。
次に白髪対策について具体的な方法をお伝えしていきます。

白髪対策について

これまで白髪の原因についてお伝えしてきましたが、白髪を根本的に治すにはこれら複数の原因を解決する必要があります。
しかし、私は6つの白髪の原因の中で、具体的な対策ができるのは、

  1. ストレス
  2. 頭皮環境の悪化
  3. 生活習慣

以上の3つだと考えています。
その理由は、加齢、遺伝、病気という3つの原因については対策が難しいからです。
年は毎年必ず増えるものです。遺伝も生まれながら持っているものなので変更は難しいです。病気についても日常の生活の中で変えていくことは困難です。しかしこの3つの原因は残り3つの原因である、ストレス、頭皮環境の悪化、生活習慣を対策することで健康な身体を手に入れれば、同様に対策することができる原因でもあります。
年齢や遺伝といった対策が難しい原因で悩むのではなく、対策が簡単な理由を改善することで、最終的に白髪を治すことを目指して行きましょう!

ストレスに対する対策

ストレスに対する対策、つまりストレスの解決方法。それは途方もない大きな問題です。この問題を簡単に解決できればノーベル賞を受賞できるかもしれないくらいの大きな問題ですね。ここではそこまで大それた提言ではなく、あくまで白髪対策のために簡単にできる対策をお伝えします。
ストレスが白髪の原因と考えられる理由は、自律神経を刺激して、身体を緊張させていることだとお伝えしてきました。ですのでここでいうストレス対策は、身体の緊張を緩和させることを考えたいと思います。
身体の緊張を緩和させる簡単な方法、それはリラックスです。リラックスの方法は人それぞれ異なると思いますが、自分にとって最もゆったりできることを考えてみてください。普段の仕事や人間関係、悩み事を考えることなくゆったりすることです。例えば散歩でも読書でも映画鑑賞でもなんでもいいと思います。身体も心もゆったりとできる時間を1日15分でも一週間に1度でもいいので定期的に自分の時間を確保して、リラックスすること。これが簡単なようですが、一番のストレス対策になります。
また身体の緊張をほぐすために、適度な運動もおすすめです。趣味でゴルフやテニスをすることは悩み事を忘れ、楽しい時間を過ごすことで素晴らしいストレス発散になります。

頭皮環境の悪化に対する対策

頭皮環境の悪化に対する対策、つまり頭皮を清潔にそして健康に保つことです。
頭皮は皮脂や汗、フケなどの老廃物が溜まりやすいです。それらをそのまま放置しておくと、毛穴が詰まったり、雑菌が繁殖して血行が悪くなり、健康な毛髪が育ちにくい環境になってしまいます。白髪が増えるだけでなく、抜け毛や薄毛といった毛髪全体への悪影響も起こりやすくなります。
一番簡単な対策はしっかりとシャンプーをすることです。シャンプーで皮脂や汗、老廃物などの汚れをきちんと落とすこと。簡単なことですがこれが一番の基本です。
使用するシャンプーについては、汚れをしっかりと落とすことは当然ですが、保湿効果の高いシャンプーや、天然成分のみで作られたオーガニックシャンプー、頭皮への栄養補給も可能にするスカルプシャンプーなど自分の頭皮に最適なものを選ぶことが重要となってきます。
またシャンプーのあとのドライヤーも大事な対策です。シャンプー後、濡れたままの状態で放置していると雑菌が繁殖してしまいます。せっかくシャンプーで頭皮を清潔にしたのにそれでは意味がありません。早めに適度なドライヤーで髪を乾かすことも重要です。
しかし、頭皮にはある程度の水分も必要です。頭皮が乾燥しすぎるくらい乾かすこともよくありません。
最後に頭皮マッサージすることも頭皮環境の改善には効果的です。お風呂でシャンプーをして頭皮が清潔になり、ドライヤーできちんと乾かしたあとに実施することをおすすめします。頭皮マッサージの際には頭皮用の保湿化粧水や栄養素を与える頭皮エッセンスなどをしようするとより効果があがります。マッサージをすることで頭皮の緊張がほぐれ、血行が良くなることで、毛根に栄養が補給され、メラノサイトの機能が上がることで、白髪対策になると考えられています。

生活習慣に対する対策

生活習慣に対する対策は主に睡眠不足と栄養不足についてです。まずは睡眠不足についてお伝えしていきます。

睡眠不足に対する対策

これまでお伝えしてきたように、人間は睡眠中に身体のメンテナンスをしています。睡眠中に身体の機能を回復させるので、睡眠は重要だと考えられています。
では睡眠は長ければ長い方がいいのか?と考えますが答えはNoです。最適な睡眠時間については諸説ありますが、約7時間くらいと言われていますが、毎日7時間も寝る時間がない人もいると思います。ここでは睡眠不足を解消するために質の良い睡眠をお伝えします。
質の良い睡眠とは、身体をリラックスさせてくれる睡眠をいいます。一般的に眠りの浅い睡眠(レム睡眠)と眠りの深い睡眠(ノンレム睡眠)を繰り返しています。この繰り返される睡眠の中で、眠り始めて約3時間たったころにノンレム睡眠に到達できれば、質の良い睡眠だったと言われています。そしてこの質の良い睡眠を毎日同じリズムで繰り返すことが良い生活習慣と考えられています。
この良い睡眠を実践するためには、計画的な日常が必要と考えられています。毎朝決まった時間に起きること、1日3食きちんと食事をすること、決まった時間にお風呂に入って、決まった時間に就寝すること。リズムの良い生活をすることで身体のリズムの整い、質の良い睡眠が実践できるのです。そして質の良い睡眠こそが睡眠不足に対する何よりの対策になります。

栄養不足に対する対策

栄養不足に対する対策は、白髪対策において最も重要と考える対策です。
なぜなら白髪の根本的な原因は、メラノサイトへの栄養不足を理由とする機能低下だからです。そしてその栄養を人間は基本的に食事からしか摂取できないのです。
食事は人間の身体の元となるものです。その食生活に対する対策をきちんと行うことで、より良い白髪対策が実践できるのです。
まずは1日3食の規則正しい食生活を実践しましょう。睡眠同様、毎日の規則正しいリズムを作ることが大事です。
その上で偏った食事を控えましょう。お肉やお魚、野菜などバランスが取れた食事が理想的です。高カロリー、高塩分の食事は身体全体への悪影響を考えて控えたほうがいいでしょう。
このように、規則正しいバランスの取れた食生活を実践してください。そしてその上で、白髪対策に効果があると考えられている栄養素を摂取しましょう。
貧血の人には鉄分や血の元となる成分の入ったお肉やレバー。
お肌をきれいにするためにはビタミンやコラーゲンの入った野菜やフカヒレ。
対策をするには、それに対応した栄養素を配合した食事がいいと一般的に考えられています。
では白髪にはどんな食べ物がいいのでしょうか?ここでは白髪対策に効果があると言われている成分と食品そして1日の摂取目標量をお伝えします。

L-リジン
L-リジンは大豆などから摂取することができる栄養素で、アミノ酸の一種です。ケラチンの働きに大きな効果が期待できます。
【1日の摂取目標:大豆約300g】
セサミン
セサミンは主にゴマなどから摂取することができる成分で、栄養価が非常に高く、髪を黒くする効果に期待することができる成分です。
【1日の摂取目標:黒ゴマ約100g】
アルギン酸
アルギン酸は主に、海藻などから摂取することができる栄養素で、ぬめり成分が髪をツヤツヤにする効果を期待できる成分です。
【1日の摂取目標:昆布約250g】
ビオチン
ビオチンは主にレバーなどから摂取することができる栄養素で、アミノ酸の生成に関わる酵素を作り出すことに期待できる成分です。
【1日の摂取目標:牛レバー約500g】
オルチニン
オルチニンは主に、シジミなど貝類から摂取することができる栄養素で、身体の活性化に効果が期待できる成分です。
【1日の摂取目標:しじみ約250粒】
パントテン酸
パントテン酸は主に、動物の内臓などから摂取することができる栄養素で、髪をフサフサにする効果が期待できる成分です。
【1日の摂取目標:鳥レバー約1.5kg】
亜鉛
亜鉛は主に、牡蠣などから摂取することができる栄養素で、髪を黒くしつつフサフサと構成するために効果を発揮すると考えられています。
【1日の摂取目標:生牡蠣約3個】
ビタミンC
ビタミンCはコラーゲンとの相性も良く、髪に美しさとツヤを与えることが期待できる成分です。
【1日の摂取目標:ほうれん草約300g】
レスベラトロール
レスベラトロールは天然のポリフェノールで、栄養補助に関して効果が高いと、近年注目を集めている成分です。
【1日の摂取目標:赤ワイン約250ml】

白髪サプリ 食材
これらは確かに白髪対策に効果がありそうに感じますが、これだけの食事を毎日食べるのは難しいでしょう。
通常は、規則正しい生活習慣とバランスの取れた食生活があれば健康を維持することはできると思います。しかし、白髪という細胞の機能低下を原因とした問題を解決するために、食事という栄養補給だけですべてを改善するためには相当量の摂取が必要になります。
そこで当サイトがおすすめしたいのが、白髪サプリの摂取です。
サプリメントとは一般的に栄養補助食品と呼ばれ、食事だけでは摂取できない栄養素を錠剤状にして摂取する、機能性表示食品です。白髪サプリとは、白髪対策に効果があると考えられている栄養素を配合したサプリメントのことを言います。
白髪サプリは、通常の食生活の中だけでは摂取が難しい量の栄養素を、簡単に摂取できて白髪を根本から解決したい方におすすめのサプリメントです。
白髪サプリを摂取すれば、栄養不足を原因とする白髪の改善に効果を発揮すると考えられます。

白髪対策のまとめ

これまでお伝えしてきたように、白髪の根本的な原因は、色素細胞メラノサイトの機能低下によるメラニン色素の生成減少です。
そしてこれらの原因は、加齢、遺伝、病気、ストレス、頭皮環境の悪化、生活習慣と考えられています。
当サイトでは、白髪対策のためにこれら6つの原因の中で、ストレス、頭皮環境の悪化、そして生活習慣に対する対策をお伝えしてきました。そしてそれは基本的な生活改善でしかありません。
そもそも当サイトが白髪対策のために、白髪染めではなく白髪サプリをおすすめしている理由は、白髪を改善するために健康な身体を取り戻して欲しいからです。ストレスがなく、清潔で健康、そして規則正しい生活を取り戻すことで、白髪を根本的に改善すると考えているからです。
しかし、白髪を改善するための栄養素を通常の食生活で摂取することは困難です。そしてそれを解決する方法が白髪サプリの摂取なのです。
ぜひ白髪対策として白髪サプリをお試しください!

\\今すぐ白髪サプリを使いたい方はブラックナチュレがおすすめ//
Black Nature